上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本政府は、チェルノブイリ事故では健康被害が一切なかったと説明しています。
国をあげて「福島は安全だ」を繰り返しています。
福島県知事は「安全な福島」の宣伝に余念がありません。


しかし、風評被害を垂れ流す人はあとをたちません。
他ならぬ福島の人が、危険な福島を最も強くアピールしています。

福島第1原発:「子供守りたい」…苦闘する母子避難者
東京電力福島第1原発の事故以降、幼いわが子が被ばくする不安に耐えきれず、故郷を離れて移住する母親たちが後を絶たない。宮崎県内に避難した母親らのネットワーク「うみがめのたまご」は昨年7月の発足以来、参加者が100家族を超えた。

何ということでしょう。
政府の努力も、地方自治体の努力も踏みにじるような行為です。

カタールが被災地の子どもをスキーに招待
 福島から来た子ども:「福島みたいにマスクをつけなくて良いので、いっぱい遊べて楽しいです」
 保護者:「何も気にしないで遊べることが1年近くなかったので、すごく楽しそうで親としてもほっとしている」

福島は安全だという声にもかかわらず、福島の子どもはマスクをして遊んでいます。
こんな「風評」をテレビで流してもいいものなのでしょうか?


福島の安全を訴える人はたくさんいます。
しかし、こうした人たちは、「逃げる福島人」を非難しません。
自分たちが忌み嫌う「風評被害」を最も広めているはずなのに。
「福島に帰ってマスクを取って安全な福島の空気を吸い、食品は地産地消すべきだ」とは絶対言いません。

何故でしょう?

答は・・・・・。


スポンサーサイト
プロフィール

6013958

Author:6013958
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。